家族葬とは?注意点やマナーをご紹介

家族葬のメリットとは?

家族葬のメリットとは? 家族や親しい人が亡くなった時にどのように送るべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。これまでは親戚や近所の人との付き合いや、仕事の付き合い、宗教上の点などから形式に沿った葬儀をされる人が多かったです。しかし、形式に沿った葬儀ではゆっくりと故人にお別れができないことがあります。最近では故人と家族だけで静かにお別れができる家族葬を行う人が増えてきました。今回はこの家族葬のメリットについてご紹介します。

まず、家族葬の一番大きなメリットは故人を偲んでゆっくりお別れができることです。形式に沿った葬儀とは違い家族だけですので大がかりな準備をすることも、挨拶などで周囲に気を使うことがありません。時間に制限もない為、残された家族で故人との思い出に浸りながら沢山話す時間があります。急に亡くなってしまった時など心の整理がつかない時には、このように家族と語ることで気持ちを落ち着かせることができるようになっています。家族葬に参加している人たちは故人との関係が親しい家族や友人ばかりなので、一緒に悲しんでくれることでしょう。自宅のようにゆっくりくつろげる個室を用意してもらえるので、周りに気を使わずに過ごすことも可能です。

そして、家族葬は形式にとらわれないため、故人の好きな物や家族のやりたいように故人を送ることができます。料理などがその一つで、葬儀の時に決まった内容の食事ではなく、故人が好きだった料理などを家族みんなで食べたり、食べる場所なども自由に選択することができるようになっています。豪華な花で飾るのではなく、故人の好きな花を飾ったり、愛用していた道具を飾ることも可能です。故人の遺言や希望なども叶えやすく、どんな形で送って欲しいのかを実現しやすいスタイルであることもメリットになっています。

最後のメリットは葬儀費用を安く抑えることができる場合もあることです。一般の弔問客が少ない分、収入も少なくなりますが広い会場や、沢山の料理を手配することが不要になるため必要経費を最小限に抑えることが可能となっています。しかし、やり方によっては費用がかさんでしまう場合もあるので行う時は事前に参加者や内容などについてよく考えて行う必要があります。

このように家族葬は亡くなった故人を偲びながら、家族の希望通りの送り方がしやすい内容となっています。大切な家族だからこそ丁寧に、ゆっくりとお別れをすることで納得のできる最後を迎えることができるのではないでしょうか。また、残された家族に負担をかけたくないと故人みずから家族葬を希望するケースも多くあります。大切な最後のひと時を最高の形で迎えてみてはいかがでしょう。

お知らせ